データ入力辛一般事務へ転職した奈良県在住佐倉弥生さん|奈良への転職お仕事探しなら【奈良ワーキン】


データ入力について

何をしていたのか

会館内にある資料のデータ化を進めていました。

任されていた業務は

株式会社奈良文化会館は、奈良の歴史的な資料を保存したり開示するなどを行う会社です。貴重な資料に関しては、現物だけでなく、記載の情報をデータ化した上での保存も進められています。私は、そのデータ化を行う部署にて働いていました。

この仕事をしていて得たものは?

データ入力により、貴重な文献・資料のデータが、より取り扱いやすくなるのは、とても素晴らしいことだと感じました。歴史の重みを感じることができるお仕事だと思います。

一般事務について

なぜデータ入力からこの一般事務をしようと思ったのか。

データ入力をして5年が経過しましたので、今回の変更は、一般的な移動による変更です。もともと、移動の際にはどの部署を希望するか……という旨の質問はうけていましたので、その際の希望通りに一般事務に移ることとなりました。

転職し実際に一般事務をして苦労したこと。

「これだけしていればいい」という部署では無く、いろいろな物事を同時進行で進めなければいけない部分でしょうか。ちなみに、私の場合は転職ではないです。部門間の移動……という感じですね。

いまこの一般事務をしていて思うことは?

一度にいろいろな物を見ることのできる力を養えていると感じます。社会人として、これは必要な能力かもしれません。

話は変わりますが…奈良県に住んでいて思ういいところを聞かせてください。

奈良市は、鹿・遺跡・仏閣……なんていうイメージかもしれませんが、それ以外もいくらでもあります。あまり目立たないんですけどね(笑)住まう人に、そんな発見を楽しんで頂けたらと思います。

一般事務へ転職しようと考えている人へ

佐倉弥生よりひとこと……。奈良ワーキンよりお申し込みください。お待ちしております。

タグ情報

奈良への転職お仕事探しなら【奈良ワーキン】