営業事務から営業へ転職した奈良県在住家島安雄さん|奈良への転職お仕事探しなら【奈良ワーキン】


営業事務について

何をしていたのか

前職は営業事務です。水道設備の会社でした。

任されていた業務は

工事技術者さんの回る順番や、それに伴う備品の発注など、すべて担当していました。

この仕事をしていて得たものは?

職人さんは無口な方が多いので、営業事務が代わりに行う仕事が結構ありました。その方がスムーズに運ぶんですよね。前職で学んだのは「適材適所」という考え方ですね。

営業について

なぜ営業事務からこの営業をしようと思ったのか。

いつもお世話になっているお弁当屋さんが、株式会社ランチボックスなんですよ。そこで営業の求人が出ていると知り、親近感の上に以前から営業に興味があったことも重なり、希望してみたんです。

転職し実際に営業をして苦労したこと。

特には無いです。取扱い商品であるお弁当を、ぼく自身が良く知っているということもあり、進めやすいですし、問題や苦労は感じていません。

いまこの営業をしていて思うことは?

営業のお仕事の面白さを感じています。もちろん、成功談ばかりでなく、失敗する日もあるのですが、その中から要因を探し出して修正し、再度挑戦して行く……という所が、なんだかゲームのようにも感じますね(笑)

話は変わりますが…奈良県に住んでいて思ういいところを聞かせてください。

桜井市は自然豊かな環境です。お弁当は、ゆったりとした工場内で作られています。これもまた、味になっているのかなと感じます。

営業へ転職しようと考えている人へ

家島安雄から、ひとこと……。営業職というと、ノルマがきついなど、あまりいいイメージでは無いかもしれませんが、当社はそんなに大変ではないです。お弁当を扱う……ということで、あまり苦労なく売り込めるところが特徴なんですよね~(笑)チャレンジしてみたい方は奈良ワーキンまで!

奈良への転職お仕事探しなら【奈良ワーキン】