営業事務・営業サポートからタクシードライバーへ転職した奈良県在住小林亮宏さん|奈良への転職お仕事探しなら【奈良ワーキン】


営業事務・営業サポートについて

何をしていたのか

営業の書類上のサポートをしていました。営業サポートにつく前は営業でバリバリ働いていました。ですが、少し取引先でミスをしてしまった結果、営業サポートをすることになってしまいました。

 

任されていた業務は

完全に営業のサポートですね。営業のサポートをどうすればいいのか考えようとしましたが自分がしていた時に、この作業をしてくれていたら助かるということを全てしました。

 

この仕事をしていて得たものは?

相手が何を考えて動いているのか、全体的にぼんやりとではありますが、分かるようになりました。

 

タクシードライバーについて

なぜ営業事務・営業サポートからこのタクシードライバーをしようと思ったのか。

営業で外を走り回り、営業サポートで全体を把握していましたが自分でもう一度動きたいと思いました。その時になにが出来るか考えました。考えた結果として出たのがタクシードライバーでした。

 

転職し実際にタクシードライバーをして苦労したこと。

タクシードライバーは、人を後部座席に乗せて運転するのです。最初はこれが苦手でした。1人で運転することは出来るのですが、誰かを乗せ運転をしたことがなかったので、自分の真後ろに自分の知らない人が座っているのに耐えるのがとても苦労しました。

 

いまこのタクシードライバーをしていて思うことは?

正直に云うと運動不足になります。勤務時間が深夜の時は、体調管理を確りしなければ次の日仕事に支障をきたしてしまうことが分かりました。タクシードライバーをしていてちょっと嬉しい事と言えば、自分は全く興味がなくても数多くの料理店を知ることができます。これがタクシードライバーの醍醐味なのかも知れません。

奈良への転職お仕事探しなら【奈良ワーキン】