スポーツ施設スタッフから店長・店長候補・マネージャーへ転職した奈良県在住神田孝彰さん|奈良への転職お仕事探しなら【奈良ワーキン】


 

スポーツ施設スタッフについて

何をしていたのか

スポーツ施設では2年半ほど働いていました。基本的には、インストラクターというより備品や事務の管理部門で働いていました。しかし、していた仕事は多岐にわたり、スポーツ用品の在庫管理や施設の閉店後の清掃、さらには受付の仕事も経験させて頂きました。

 

この仕事をしていて得たものは?

物品に対する愛着が湧きました。壊れたり故障したりすればスグに捨てて新しいものを購入する人が多いと思いますが、仕事で商品の在庫管理などをしていると、その商品に対しての気持ちが強くなります。この仕事をして物を大事に使う心が生まれました。

 

店長・店長候補・マネージャーについて

なぜスポーツ施設スタッフからこの店長・店長候補・マネージャーをしようと思ったのか。

平たくいえば、自分が上に立てば円滑に業務を遂行できると思ったからです。先程も書きましたが、以前の仕事をしていた時に、物品の重要さ、大切さを知りました。そしてそれは商品だけではなくスタッフに対してもそうなのではないかと思ったのです。

 

転職し実際に店長・店長候補・マネージャーをして苦労したこと。

自分の甘い考えに正直驚きました。ですが、1度でも任せて頂いたこの機会の恩を仇で返すことは出来ないと思い、必死に業務をやりきりました。業務はやり切りましたが、通常業務に加えてスタッフの管理をしなければいけないというこの仕事は本当に大変な仕事でした。今は慣れましたが、誰か1人が休んだだけでも、連絡をあちらこちらとしなければならないなど、その業務の大変さを、身を持って感じました。

奈良への転職お仕事探しなら【奈良ワーキン】